Text Size :  A A A
Img_8e75dccadd17b3b70af2e9ab6dcddffe
Natsumi Hayashi
Lives in Tokyo with two cats.
Photographs mainly levitating self-portraits (and cats not levitating).
yowayowa is a Japanese term meaning "weak" or "feeble."
Since I'm yowayowa, it's really heavy to carry SLR cameras around.
[日本語で読む]








How to take "Today's Levitation" (how I actually do)

- Equipments and shutter speed
Camera body: Canon EOS 5D Mk2
Lenses: Canon EF50mm F1.2L USM, EF24-70mm F2.8L USM, PENTAX 67 lenses (with adaptors)
Tripods: Gitzo's rapid-pole 3 steps with ball heads (from 1980s)
Shutter speed: 1/500 sec. or faster (1/320 sec. can be used in a darker condition)

- Ask someone to press the shutter release button
When I take my levitation farther away from the camera than 10 second distance, I ask someone (mostly my friend) to press the shutter release button. First, I ask my friend to be a stand-in in a proper position to get a composition and a focus.
Then I go to the position to levitate, and my friend come to the camera (we switch our position) to press a shutter release button in time with my jumps.

- With a self-timer
EOS 5D Mk2 has a 10sec. timer as it's longest timer set up. This means that I can get away as far as 10 second distance from the camera after I press the shutter release button.
First, I get a composition and a focus manually.
Then I press the shutter release, run to the right position for a levitation as checking the camera's blinking red LED counts down 10 seconds and jump by my intuition.
In this manner, I need to jump over and over to get the right shot.

How to view/take "Today's Levitation (3D)"

- How to view "Today's Levitation (3D)" (without using any optical glasses or viewer)
- "Parallel viewing" and "crossed-eye viewing" images
With "parallel viewing" images: Please see the image on the right with your right eye, the image on the left with your left eye.
With "crossed-eye viewing" images: Please see the image on the right with your left eye, the image on the left with your right eye.
When you feel natural depth of space, you are seeing the suitable set of images for you.
But I think that my explanation is still difficult for a beginner. If you feel it's too difficult, please see the following website by Mr. Greg Erker which gives us very useful information for viewing stereo (3D) images: [How To Freeview Stereo (3D) Images]  (Click!) 

- How to take "Today's Levitation (3D)" (how I actually do)
- I set two cameras (Canon EOS 5D Mk2s with the same PENTAX 67 lenses) on two tripods horizontally as close as possible each other and connect extended shutter release cables to each camera.
Both cameras need to be set up with the same ISO, iris, shatter speed and white balance. Since shutter speed of both cameras are quite fast (faster than 1/500 sec.) for levitation photography, I have to press both shutter release buttons as simultaneously as possible to get the same perfect moment for both cameras.

*******************************************************************

よわよわカメラウーマン = 林ナツミです。
CANON EOS 5D Mark II (重い)で
本日の浮遊シリーズ(セルフポートレート)と
日々のできごとを記録しています。

「よわよわカメラウーマン日記」はリンクフリーです。
"http://yowayowacamera.com"

「本日の浮遊」の撮り方 (浮遊の写真で実際に行っている方法)

- 使用機材とシャッタースピード
カメラボディ: Canon EOS 5D Mk2
レンズ: Canon EF50mm F1.2L USM, EF24-70mm F2.8L USM, PENTAX 67用レンズ (アダプター使用)
三脚: ジッツォ・ラピッドポール式三段+ボール運台(80年代製)
シャッタースピード: 1/500秒以上 (暗いときは1/320秒まで許容)

- 誰かにシャッターを押してもらう場合
凝った撮影をする場合は、友だちにお願いしてシャッターボタンを押してもらいます。
まず浮遊する位置に友だちに立ってもらって、構図とピントを決めます。
その後浮遊する位置に行って友だちと入れ替わり、友だちにはカメラのところへ行ってスタンバイしてもらい、跳んだタイミングでシャッターボタンを押してもらいます。

- セルフタイマーの場合
EOS 5D Mk2のセルフタイマーは最長10秒です。
10秒間でカメラから離れられる距離が最長撮影距離となります。
浮遊する場所と構図を決め、手動でピントを合わせます。シャッターボタンを押したら、浮遊場所に走って行ってポーズを決めて、カメラ全面の赤ランプの点滅 (10秒のカウントダウン) を確認します。
点滅が早まったら、あとは勘です。うまくいくまで何度でも跳ぶ必要があります。

「本日の浮遊(3D)」の見方+撮り方

-「本日の浮遊(3D)」の見方 (3Dメガネなどを使わない方法)
- 平行法(parallel viewing) と交差法(cross viewing)
平行法では、右目は右側の写真を、左目は左側の写真を、まっすぐ見ながら写真を重ねて立体視します。
交差法では、右目は左側の写真を、左目は右側の写真を、視線を交差させて見ながら写真を立体視します。
平行法と交差法では、写真の並べ方が左右逆になっています。自分がどちらの方法に向いているかは、両方の写真を見比べてみて、自然な奥行きが感じられる方に向いていると判断してください。
しかし、これらの立体視は初心者の方にはなかなか難しいかもしれません。インターネットで「ステレオ写真の見方」などのキーワードで検索していただければ詳しい解説が載っていますので、ご興味がおありの方は検索してみてください。

-「本日の浮遊(3D)」の撮り方 (浮遊の写真で実際に行っている方法)
- 2台のカメラ (Canon EOS 5D Mk2に同じPENTAX 67用レンズを装着) をできるだけ近づけて水平に並べて三脚に載せ、各カメラにリモコンスイッチ (ケーブルレリーズ) を取り付けます。
ISO感度・レンズの絞り・シャッタースピード・ホワイトバランスを2台のカメラで同じ設定にします。
そして、できるだけ同時にシャッターボタンを押します。浮遊の写真はシャッタースピードが速いので、できるだけ2台同時にシャッターボタンを押さないとそれぞれの写真で動きがずれてしまいます。